あそこ 臭い 対策

あそこが臭い時に取るべき対策とは

あそこが臭い時に取るべき方法

あそこの臭いと言う言葉はクサイというイメージが先にきますが、
漢字では匂いという言葉もあります。
すなわちクサイというのは嫌な臭いですが、匂いと言うと花の香りです。
したがって、あそこの臭いと匂いがあります。

 

男性が好きなあそこの臭いは男性にはいい匂い

あそこの臭いは愛する男性にはフェロモンのような匂いなのです。
ただし、この場合の匂いは膣が正常なpHバランス状態で、
異常なおりものが発する異臭ではありません。

 

男性も女性も花の香りをクサイ臭いという人はいませんし、
正常な女性自身の匂いはいい香りなのですから、自信を持ちましょう。

 

あそこの臭いがクサイと男性は逃げる

膣内のpHバランスが乱れて環境が悪いとクサイ臭いは深刻な問題になります。
普通の女性は自分のあそこのにおいには敏感です。

 

よほどきちんとケアをしない人や不衛生な環境で感染症に罹ると、
あそこの匂いがクサイ臭いになり、男性は逃げてしまうでしょう。
異臭のことを注意してくれる男性は少ないようです。

 

タンポンやコンドームの処置に注意する

あそこの匂いがクサイ臭いになるのは膣内のpHバランスの乱れもありますが、
タンポンやコンドームの使用後の不適切な処置があります。
膣内に残された異物は臭いの原因になります。
膣には異物を外へ出そうとする作用があり、その際に異臭が発生します。

 

また、タンポンやナプキンは常にこまめに新しいものと交換して、膣内を清潔にするようにしましょう。
まだ汚れが目立たないからとナプキンを交換しないと、クサイ臭いの元になるリスクがあります。

 

生理不順の原因と臭くなる理由とは

女性にだけあるのが生理で、生理が順調ならいいのですが、
生理不順になるといろいろな問題がでてきます。

 

生理不順の副産物にデリケートゾーンの臭いがあります。
生理不順で悩む人は少なくないようですが、どうして生理不順は起きるのか、
また生理不順でどうしてアソコが臭うようになるのかを説明します。

 

気にする必要がない生理不順もある

生理不順は気にするものですが、心配のない生理不順もあります。
思春期の場合や更年期の場合の生理不順は気にしなくてもいいでしょう。
思春期の身体はまだ成熟していないため、更年期にはホルモンバランスが崩れやすいため、
生理不順になりやすいのです。
したがってこれらの場合は気にしなくてもいいでしょう。

 

ストレスと病気が原因の生理不順

心身の負担、つまり心労や強いストレスを受けると、生理不順になることがあります。
特に多いのは過度のダイエットで誘発される生理不順です。
脳の視床下部や下垂体、卵巣や子宮などが連携して生理が起きます。

 

したがって、心身への負担が大きいと、視床下部からの指令が異常をきたし、
自律神経が乱れてホルモンの分泌量に影響することで生理不順になります。
また、生理不順になる病気では、脳下垂体の異常や卵巣の異常、
甲状腺機能の低下や抗うつ剤などの副作用があります。

 

60日間生理がない場合は婦人科で診察を受けましょう。
また周期が7日(1週間)以上の差の場合も同様に婦人科で診察を受けましょう。

 

生理不順でアソコが臭くなる理由

生理不順は女性ホルモンが減少すると起こります。
女性ホルモンには発汗を抑える作用があるので、女性ホルモンが減少すると汗をかきやすくなります。
当然デリケートゾーンの汗もかきますから、汗が蒸れて臭いが強くなります。

 

また、女性ホルモンは発毛のスピードを遅くする作用がありますから、
女性ホルモンが減るとデリケートゾーンの毛が増えて雑菌が繁殖して臭いが強くなります。
さらに、ストレスと環境の変化も女性ホルモンと深い関係があり、
就職や転職で生理不順になり、臭いが強くなる場合もあります。

 

このようにあそこが臭い時は、生理不順が原因のこともありますので、
まずは栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活を心がけましょう。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ