あそこ 臭い 対策

性病による場合のアソコの臭いの解説

性病による場合のアソコの臭いの解説

まんこの嫌な臭いの起因のほとんどは、雑菌や汗です。
なので、臭いがするというだけでそこまで心配する事はありません。

 

しかし、性病が起因で悪臭がするケースもあり、
その折は悪臭がかなりキツくなる事が多いです。
異常な悪臭を感じる場合は、性病を疑ってみましょう。

 

性病テストの前にすべき事柄

安全を追求するならば、まんこから悪臭がしてきたら、
色々考える前に産婦人科などに駆け込んで性病テストを施してもらうべきです。

 

ですが実際は、まんこが臭ったからといって、
毎度毎度病院に走るわけにもいきません。

 

そもそも、まんこは蒸れやすく悪臭がしやすい場所ですから、
際限が無くなってしまいます。

 

それに、いくら相手が仕事でやっているにしても、
まんこを観察されたり触れられたりするのはやはり抵抗感があるものですよね。

 

ですから、まずは自分でテストを実行してみましょう。

 

自分でテストするための手法

起きやすい性病の代表格としては、
淋病、トリコモナス、クラミジア、カンジタなどが挙げられます。

 

実は、以上の4個の性病については、
自分でテストを実行するための専用グッズがあります。

 

専用グッズを利用するケースでの手順と料金

テスト機関によりけりで手順と料金に差は出ますが、
そこまで大幅なギャップはありません。

 

専用グッズの内の試験管の内部に、膣口近辺の分泌液を入れて郵送を行うと、
性病への感染の有無をテストしてもらえる、という流れです。
さすがに判断まで自分でできるわけではありません。

 

そして料金面ですが、どの機関でもだいだい7千円から1万円の間に収まります。
医療機関での料金を知っていると、少々割高に感じるかもしれませんが、
自分でテストが可能というメリットがあるのですから、このくらいの料金設定になると思います。

 

肝心のテスト結果はほぼ7日以内に分かります。
郵送かメールか電話で知らせてもらう事ができます。
連絡方法は大抵自分で選択できます。
ご家族がいる場合はメールにしておけば誰にも知られないので良いかもしれませんね。

 

性病に陥っていたら

残念ながら性病に陥っていたという場合のお話です。

 

何も手を打たなければ、かなりの高確率で症状がエスカレートしていきます。
ですから、すぐに病院を訪れて治療してもらう事が必須です。

 

ちなみに異臭だけでなく、強い痒み・痛み、おりものの色の異変や粘度の変化、
出血などが、性病の事を明に暗に知らせてくる場合があります。

 

どのようなケースであっても、放置だけは止めて即座に何らかの対処を取って下さい。
陰部 臭い

ホーム RSS購読 サイトマップ